NEWS
ALL
ギャッベ展
企画展
お知らせ

ゾランヴァリギャッベの魅力♡

2020/07/23

こんにちは!お店の再開後に、何件かギャッベやゾランヴァリについてお問い合わせいただきました_(._.)_家の中で過ごす時間が多くなり、部屋を自分好みで居心地の良い快適な空間に変えたいという皆さんの想いを感じています。そこで今回は問い合わせの多かったゾランヴァリギャッベの魅力やランク、選び方について書いてみたいと思います。少々長くなりましたが、これまでの接客経験も踏まえてお客様に質問されることの多い内容はできるだけ盛り込みましたので、参考にしてください♫

1、ゾランヴァリ(Zollanvari)とは

「ゾランヴァリ」はイランの会社の名前で絨毯メーカーです。今も80歳過ぎでご健在のゴラム・レザー・ゾランヴァリさんが会社を創業しました。現在は息子のハミッド・ゾランヴァリさんがゾランヴァリ社の社長を務めています。

ギャッベ(ペルシャ語で「毛足の長い絨毯」という意味)はイラン南西部(南ペルシャ)シラーズ地方に住む遊牧民、カシュガイ族が織る手織り絨毯です。よくギャッベとペルシャ絨毯は何が違うんですか?と聞かれますが、ギャッベもペルシャ絨毯です。ペルシャ絨毯の中で遊牧民が織る絨毯をギャッベと呼びます。

ギャッベを織るのは遊牧民ですが、ゾランヴァリ社は材料となる羊毛の管理・染色(天然草木染め)・織った後の工程(裏焼き・洗い・シャーリング・天日干し、検品)など、織る以外の工程(※1)を全て担っています。

ゾランヴァリギャッベは品質、多彩なデザイン性、芸術性が高く評価され世界最高品質を誇ります。ドイツで毎年開催される世界絨毯博覧会にてデザイン賞を9回も受領しているトップブランでもあります。正規のゾランヴァリギャッベには絨毯の裏にロゴマーク(ライオン)が印字されていますので見極め可能です。

 

(※1)ギャッベの作成工程については以下のYOUTUBEでも解説していますのでご欄ください。

絨毯アドバイザーによるギャッベの作成工程解説

 

2、ゾランヴァリギャッベの魅力

①肌触り

デザイン性もさることながらやはり一番の魅力は触って気持ちが良い所ですね。艶、光沢があり触るとしっとりとした感触があります。なぜしっとりして肌触りが良いか?それは羊の毛に秘密があります!羊は1年に2度(夏と冬)毛を刈ります。夏の毛と冬の毛、違いは毛に含まれている油分にあります。夏の毛は油分が少なくパサッとしていますが、冬の毛には沢山の油分が含まれています。ゾランヴァリは羊毛の管理を徹底しており、油分をたっぷり含んだ冬の毛のみを使用しているためしっとりとした肌触りのギャッベに仕上がっています。そして良質な毛は調湿作用も持ち合わせているので、夏は湿気を外に吐き出します。そのため湿度の高い夏場でもサラッと快適に使っていただけます。

 

②メンテナンスが簡単

1年中敷きっぱなしのまま、たまに掃除機をかけるだけでOKです。織り密度が高く締まっているのでゴミが中まで入りこみません。表面に浮いたゴミを掃除機で吸い取るだけです。また毛に油分が沢山含まれているので汚れを弾く効果も持っています。「犬や猫などが居るので大丈夫かな~?」という声も良くお聴きしますが、高密度のため爪研ぎで絨毯の毛が抜けることもないですし、ペットの毛も絨毯の中に入り込むこともありません。またペットのおしっこやコーヒー・ワインなど色のある液体を溢してしまった際は直ぐに濡れタオルで叩くように拭き取って貰えれば後も残りません。

掃除機をかけると最初は遊び毛と呼ばれるホコリのような細かい毛が多く出る場合がありますが、半年~1年程で収まります。遊び毛が沢山出ることで絨毯がすり減るようなことはありませんので、安心して掃除機は掛けてください。また通気性も良いのでダニなどの虫が発生する心配もありません。床暖房や電気カーペットと一緒に使っていただくののもお勧めしています。

羊毛ですので湿気が多い夏場に少し臭いが気になるという方もいらっしゃいます。その場合はファブリーズなどの消臭剤でもOKですが、絨毯専用の臭い取りスプレーもご用意しています。

お手入れ方法はこちらに詳しく書いていますのでこちらも参考にしてください。

ギャッベのお手入れ方法

 

③100%天然草木染め

多くのギャッベは化学染料を使用していますが、ゾランヴァリギャッベに使われる毛は100%天然草木染めです。エコテックス規格100というスイスに本部を置く検査機関の審査を通し有害物質が含まれていないことが証明されていますので、小さなお子様にも安心して使っていただけます。また国際的な機関から承認が取得されているのはギャッベの中でもゾランヴァリだけです。

👇エコテックス規格100の認定証

 

👇、イラン・ゾランヴァリ社内の染色窯

 

④耐久性、防炎・防音に優れています。

ゾランヴァリギャッベは驚くべき耐久性も持っています。50年前に作成されたオールドギャッベも扱っていますが、土足文化のイランで50年使用後の絨毯がまだ商品(日本で販売され前に綺麗にクリーニングされいます)として値がつき取引きされているのがその証拠です。ご自身で心ゆくまで使った後に、世代を超えて引き継いでいただけるのも魅力の一つですね。

また防炎にも優れており消防庁の防炎マークも取得しています。不思議に思われるかもしれませんがウールは火を着けても燃え上がらないので、暖炉やストーブの周囲に敷いても相性が良いんですよ。

そして毛足が長い特徴を持つギャッベは敷くことで防音効果もあります。お子様が走り回っても、音楽で大音量を流しても音を吸収してくれます。

 

3、ギャッベに登場する柄(模様・文様)

ギャッベは主に遊牧民の女性が織ります。家族の幸せ、自然への感謝、生き方、想いなどが織り込まれています。

ギャッベの代表的なモチーフとその意味については以下の動画で解説していますのでご欄ください!

絨毯アドバイザーによるギャッベの文様解説(前編)

絨毯アドバイザーによるギャッベの文様解説(後編)

 

4、ランクと値段

ギャッベも含めた手織り絨毯の価格は主に織り密度で決まります。織りの細かさを表す指標で10センチに何個の結び目があるかを数えて、結び目が多い程ランクが高くなり値段も高くなります。密度が高い=細い糸で織る、です。細い糸だと結びつける回数が多くなるため、おり上がるまでの時間が長くなり、それが値段にも反映されます。例えば240×170のリビングサイズだと一般的な糸で約半年(それも3人がかりです)、細い糸になると1年近くもかかるんです。細い糸で織られるほど肌触りも良くなり気持ちが良いのです。ゾランヴァリギャッベもアマレ⇒カシュクリ⇒ルリバフという順番で糸が細いランクになり価格も上がります。絨毯の裏を見て糸の細さを比較することで見分けができますので、ぜひ手織り絨毯は表だけでなく裏で糸の細さにも注目してみてください!

 

 

5、サイズの規格・選び方

ギャッベも含めたペルシャ絨毯のサイズには凡その規格があります。それは縦:横が3:2の比率です。

縦3:横2の比率で大きくなっていきます。手作りのため勿論例外もありますが、以下が基本サイズで枚数も豊富にあります。

(玄関サイズ)

縦90×横60

縦120×横80

(ラグサイズ)

縦150×横100

縦180×横120

(リビングサイズ)

縦200×横150

縦240×横170

縦300×横200

その他長細いタイプのものもあり、廊下・ベットサイド・ソファ前・キッチン等にお勧めしています。

縦150×横50

縦200×横80

縦300×横80

.

また『デザインやサイズなど沢山ある中からどうやって選べば良いか迷ってしまう』という声もいただきすが、いつ買うかということも踏まえて、以下の記事のポイント⑤以降にまとめていますので、ぜひご欄ください。

失敗しないギャッベの選び方

ギャッベはどれも世界に1枚だけの絨毯です。自分だけのお気に入りの1枚と出会う、また出会いを待っている間も含めてとても幸せな時間になりますので、ぜひ楽しんでお選びください。そんな皆さんのお手伝いができれば幸いです。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

不明点などあればお店までご連絡くださいませ!

☎084-925-1817 調度品の亀川/三代目 亀川雅史